医学の情報を間違った方法で得ていませんか?

ご覧くださりありがとうございます!(。>ω<。)ノ

とはいってもマガブロ登録をしている記事が全記事の半数を占めているので

見れないじゃないか!と思いのことかと。

正直私も、マガブロ登録したら即イケるものだと考えていたので申し訳ありません。

スタートできた時にはこの月の分の記事も開放できるようには考えておりますので、

ご安心ください。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

このブログですが、健康情報というものは何で得られますか?

ネットの情報は信用できない・・・

専門家の意見を信じればいいの?

治療方法などを探していても専門家ではないから判らない・・・・

と私も専門家になる前は思っていたことです。

医学の知識は何が信用性が高いと思いますか?

調べる前は専門家かな?など思っていましたが、

論文を読むようになってからはこんな話を知ることができました。

根拠性の高い

      ↓

〇システマティックレビュー

      ↓

〇ランダム比較化試験

〇非ランダム比較化試験

      ↓

〇観察研究(コホート研究、対照研究)

      ↓

〇観察研究(症例報告)

      ↓

〇実験室の研究(細胞の研究、動物実験)

      ↓

〇権威者・専門家の意見、体験談

根拠性の低い

この序列は知らない人も多いのではないのでしょうか?

体験談が一番根拠がないことは明白ですが、

権威のある〇〇も同じなのですよ。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

こんなことを書いても健康食品などの偽情報を信用して無駄な買い物をする方は

減らないと思いますが、より慎重になって頂きたいのは

「健康被害に遭うことがあります。」

交通事故より確率高いのかな?

情報社会ですので何を信用していいのか?と言われる方も多いのですが、

フェイクニュースに騙されないようにするためには、上の法則性は絶対に覚えて頂きたいです。

私が記事にする論文もメタアナリシスが多く、比較的正解に近い根拠性のあるものを紹介することがありますが、

中には米国保健社会福祉省などから出典を得ることもあります。

体験談や権威のある○○に比べれば信憑性はありますので、

ネットの情報をまとめた「まとめ系の記事」よりも信頼はしていただきたいので、

今後もこのブログの情報は、

「使える」

「知ったことで変わることのできる」

ものを紹介できるようにしていくつもりです。

Blue Rose

年間7,000人の施術を経験した臨床家が医学論文に出会い、 エビデンスの良さに惚れ込みました。 健康のために良い選択肢を得られる情報を提供している人です。